■バージョンに関して

Adobe Photoshop の限定機能版である「エレメント(elements)」 は、低価格で使いやすいインターフェイスの画像処理ソフトです。
 
「Adobe Photoshop(フルバージョン)」は、雑誌やカタログ等 の商業印刷に必要な特殊モード機能が使えるプロ用アプリケーシ ョンです。 (「エレメント」では、フルバージョンの「商業印刷機能」の一 部が制限されています。)
 
この講座では「フルバージョン」と「エレメント」の両ユーザー に対応していますが、動画やデジタルテキストでの図解画像は、 フルバージョンの「Photoshop7.0」を使用していますので、コマ ンドの位置やメニューの階層が異なる場合があることをご了承下 さい。

尚、今のところバージョンCSには非対応です。


■Photoshopのバージョンに関して

この講座では、できるだけ広いバージョンに対応ができるように 工夫をしていますが、全てのバージョンの方が、全ての内容を操 作できるとは限りません。
下記のパーセント表示は、講座内容が全て操作できる場合を 「100%」として、個々のバージョン差を大まかに表していま すので参考にして下さい。
 ● Ver.4.0J_____ 90%
 ● Ver.5.0J_____ 90%
 ● Ver.5.0LE ____ 80%
 ● Ver.5.5J_____ 95%
 ● Ver.6.0J_____100%
 ● Ver.7.0J_____100%
 ● elements_____ 85%
 ● elements2____ 85%
通常の説明では、各バージョン共通の項目がほとんどです。
バージョン差が大きい場合には、その都度注意書きを入れていま す。
またバージョンが低い方は、とりあえず「お試し版(Try-out)」 という方法もあります。
パソコン専門誌の付録CD−ROMなどを捜してみて下さい。
また、WEB上でのダウンロードは、下記のページから行えます。

http://www.adobe.co.jp/products/tryadobe/main.html
 



■MacとWindowsに関して
この講座では、MACとWindowsのどちらでも受講できるように配慮しています。
プラットホーム間で手順やコマンドが異なる場合、随時説明を載せています。
PhotoshopのMAC版とWindows版は、操作に関してはほとんど同じですが、Mac OSやWindowsOSの初歩の基本操作程度は、先に理解しておいてください。

■動画に関して

動画サンプルは下記のURL上で【右マウスボタン】を 押して【対象をファイルに保存】を選んで保存をして下さい。

■高画質タイプ/8MB/BGM付/Windows専用
http://www.mailschool.jp/ps2/avi/ps2mv_01high2.avi

主な再生ソフト:
Windows版 Windows Media Player
Windows版 Real-ONE Player

■低容量・圧縮タイプ/2MB/BGM無/Macintoshでの再生可
http://www.mailschool.jp/ps2/avi/ps2mv_01.lzh

主な再生ソフト:
Windows版 Windows Media Player
Macintosh版 Windows Media Player
Windows版 Real-ONE Player

 注)[.lzh]形式解凍ソフトが必要です

 

(注1)

Adobe Acrobat Readerが起動せず、上手くファイルオープンができなかった方は、新たにこのアプリケーションをインストールしていただきます。
下記のURLから説明をお読みいただき、Adobe Acrobat Readerを入手して下さい。
http://164.46.161.13/pages/041download.html

(注2)

LZH形式の圧縮ファイルを解凍するには、Macintoshの場合には「MacLHA」「Stuffit Expander」が、Windowsの場合には「LH」「Lhasa」等のソフトが必要です。いずれも無料で使用できる解凍ソフトですので、ダウンロードしておきましょう。
MacLHA
Lhasa

(注3)

デジタルテキストをプリントアウトして保存される方は、用紙設定の際に、『A4横向き原寸出力』を指定して下さい。
インクジェットプリンタを考慮して、マージン(余白)設定をしています。

 

 

Digitalテキストを見るには、Adobe Acrobat Readerが必要です
PDFファイルが上手く開かない場合は、こちらの注意事項をご覧ください。

実践!Adobe Photoshop 講座

<ダウンロードファイルについて>
□PDFデジタルテキストを開くのには、パスワードが必要です。
□この講座は全30回です。
□No.00〜08までは、パスワード無しで公開しております。
□「No.00」は表紙と目次」ですので、必要な方のみDLして下さい。
□「生(Raw)データ」でDLすると、ブラウザで表示してしまう場合があります。
□「LZH圧縮形式」でダウンロードすると、保存がスムースに行えます。


PDFファイル
アクロバットリーダーがインストールされている場合、アイコンをクリックするとブラウザーが立ち上がPDFデジタルテキストが表示されます。(注1)

LZH圧縮ファイル
アイコンをクリックすると、LZH形式の圧縮ファイルをダウンロード出来ます。 (注2)

 

タイトル
PDFファイル
LZH 圧縮
00 講座情報・バージョン対応情報・目次
01 合成テクニック 1.(アイコラ)
02 文字デザイン 1.(ロゴマーク)
03 特殊フィルタテクニック 1.(輪郭線検出)
04 変換と演算テクニック 1.(カスタムパターン)
05 合成(と演算)テクニック 2.(イラスト化)
06 変換と演算テクニック 2.(背景と文字処理)
07 合成テクニック 3.(複数の写真の合成)
08 基本フィルタテクニック 1.(アンシャープマスク)
09 基本フィルタテクニック 2.(ぼかし)
10 特殊フィルタテクニック 2.(光彩拡散)
11 アートイメージ 1.(減色)
12 ベクタ機能との連携 1.(シェイプ機能)
13 特殊フィルタテクニック 3.(光の演出)
14 合成テクニック 4.(光の演出)
15 文字デザイン 2.(名刺をつくろう)
16 文字デザイン 3.(背景の演出)
17 アートイメージ 2.(下絵の着色)
18 合成テクニック 5.(人と風景の調和)
19 変換と演算テクニック 2.(デジタルメイク)
20 アートイメージ 3.(花をアートする)
21 特殊フィルタテクニック 4.(クロム)
22 合成テクニック 6.(非現実的な世界)
23 変換と演算テクニック 3.(万華鏡模様)
24 特殊フィルタテクニック 5.(クラック)
25 変換と演算テクニック 4.(風景と遊ぼう)
26 アートイメージ 4.(風景写真の演出)
27 ベクタ機能との連携 2.(ドロー系との連携)
28 作業効率向上機能 (アクション)
29 入出力機器のコツ (スキャナ・プリンタ)
30 デザインアイデアの作り方

 


受講ガイダンス ページへ

お申込み ページへ

 

Copyright (C) 1999-2005 SCL All rights reserved.