■バージョンに関して

以下のver.6.0以降のバージョンに対して有効です。
ver.6.00
ver.6.00F
ver.6.01
ver.6.02
ver.6.03
ver.6.04
ver.6.50
ver.7.00
以前のver.2000、2001などのバージョン共通の項目もありますが、残念ながら当講座では当該バージョン以外のサポートはいたしておりません。よって当該バージョンの使用を前提に進めていきますので、ご了承ください。。


■MacとWindowsに関して
「ホームページビルダー」は、Windows専用ソフトです。

(注1)

Adobe Acrobat Readerが起動せず、上手くファイルオープンができなかった方は、新たにこのアプリケーションをインストールしていただきます。
下記のURLから説明をお読みいただき、Adobe Acrobat Readerを入手して下さい。
http://164.46.161.13/pages/041download.html

(注2)

LZH形式の圧縮ファイルを解凍するには、Macintoshの場合には「MacLHA」「Stuffit Expander」が、Windowsの場合には「LH」「Lhasa」等のソフトが必要です。いずれも無料で使用できる解凍ソフトですので、ダウンロードしておきましょう。
MacLHA
Lhasa

(注3)

デジタルテキストをプリントアウトして保存される方は、用紙設定の際に、『A4横向き原寸出力』を指定して下さい。
インクジェットプリンタを考慮して、マージン(余白)設定をしています。

 

Digitalテキストを見るには、Adobe Acrobat Readerが必要です
PDFファイルが上手く開かない場合は、こちらの注意事項をご覧ください。

ホームページ・ビルダー 講座

<ダウンロードファイルについて>
□PDFデジタルテキストを開くのには、パスワードが必要です。
□No.1〜15までは、パスワード無しで公開しております。
□「No.01」は表紙と目次」ですので、必要な方のみDLして下さい。
□「生(Raw)データ」でDLすると、ブラウザで表示してしまう場合があります。
□「LZH圧縮形式」でダウンロードすると、保存がスムースに行えます。

 

PDFファイル
アクロバットリーダーがインストールされている場合、アイコンをクリックするとブラウザーが立ち上がPDFデジタルテキストが表示されます。(注1)

LZH圧縮ファイル
アイコンをクリックすると、LZH形式の圧縮ファイルをダウンロード出来ます。 (注2)


NO.
タイトル
PDF
ファイル
LZH
圧縮
01
はじめまして
02
受講準備
03
起動と終了
04
ウェブサイトの確保
05
サイトの作成
06
テンプレートを利用
07
文字列の入力 1
08
文字列の入力 2
09
文字設定 1
10
文字設定 2
11
白紙ページから作ろう 1(標準モード)
12
ロゴの作成
13
画像の挿入
14
壁紙の設定
15
画像レイアウトの変更
16
水平線の挿入
17
インデントの設定
18
箇条書きの挿入
19
白紙ページから作ろう 2(どこでも配置モード)
20
部品の移動
21
ハイパーリンク
22
サイトの転送
23
表の作成
24
表の編集 1
25
表の編集 2
26
フレーム 1
27
フレーム 2
28
フレーム 3
29
ウェブアートデザイナー 1(ロゴの作成)
30
ウェブアートデザイナー 2(ボタンの作成)
31
ウェブアートデザイナー 3(色調補正)
32
ウェブアートデザイナー 4(影効果)
33
ウェブアートデザイナー 5(画像効果)
34
ウェブアニメータ
35
ロールオーバー
36
サムネイル
37
アルバム
38
スライドショー
39
フォトフレーム
40
メッシュ効果
41
イメージマップ
42
アクセスカウンタ
43
掲示板
44
Iモード用ホームページ
45
検索サイトへ登録
46
WEBサイトの更新
47
Ver.7の新機能 1(ビジュアルサイト)
48
Ver.8の新機能 1(Web日記 1)
49
Ver.8の新機能 2(Web日記 2)
50
Ver.8の新機能 3(その他)


受講ガイダンス ページへ

お申込み ページへ

 

 

Copyright (C) 1999-2005 SCL All rights reserved.